管理栄養士シライの活動報告書

糖質制限食を中心とした栄養相談をしています

食事バランスガイドについて思うこと

こんにちは。管理栄養士のシライです。食生活改善推進員の講義を受けてきました。

今回の講義の中に「食事バランスガイド」についての説明がありました。

f:id:shiradaruma:20170912180344j:plain

「食事バランスガイド」とは、厚生労働省農林水産省の共同により平成17年6月に策定された望ましい食事の組み合わせを「何を」「どれだけ」食べればよいのか主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物の区分に分けて「コマ」のイラストでわかりやすく示したものです。
当時は、こういった表示を食品のパッケージなどに記載されていたので、目にしたことがある人もおられると思います。最近は、あまり見かけなくなりましたね。なんとなくわかるような気がします。

「食事バランスガイド」ではサービング(SV)という単位を使います。

主食 1SV…炭水化物が約40g
副菜 1SV…野菜類が約70g
主菜 1SV…魚・肉・卵などのたんぱく質が約6g
牛乳・乳製品 1SV…カルシウムが約100mg
果物 1SV…重量が約100g

例として身体活動量ふつうの12~69歳女性の1日の摂取の目安は
主食 5~7SV
副菜 5~6SV
主菜 3~5SV
牛乳・乳製品 2SV
果物 2SV
と、なっています。
まず主食が一番先に挙げられており、次に野菜類、その後に主菜の順番…と、コマのイラストも同様な順で食べる量が描かれています。
「主食は毎食欠かさずに、副菜は主菜の倍食べよう」とも記載されています。

講義では、これを基に1日の献立をグループに分かれて考えて発表しました。
実は私も10年程前に「食事バランスガイドとは、どういうものか」の講義をしたことがあります(当時は社員食堂に勤務していて喫食者に向けての講義でした)。
しかし実際に献立を考えてみると、なかなか難しいことがわかりました。主食と果物が多くなってしまいます。
そして今、糖質を控える食事のアドバイスをしている目からみると、たんぱく質が少ない、主食、牛乳、果物が多い、と、なんか矛盾しているなと感じました。

この「食事バランスガイド」は厚生労働省農林水産省が決めたというのも気になるところです。
自治体は、この指導方針をこれからも続けていくのかな、と思ってしまいました。


こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

血液検査データからの栄養解析を学びました

こんにちは。管理栄養士のシライです。先日「血液検査データを読み解いていく!~栄養解析」というセミナーに行ってきました。

このセミナーは、糖質オフライフアドバイザー、看護師の長野仁美さまの企画で、血液検査データから健康状態をみるには、どれをどう見たらいいか?の初心者レベルの話をしてくださるとのことで「これは今の私にぴったりだ!」と即、申し込みました。
解説してくださったのは川越市の病院の精神科医、奥平智之先生でした。

f:id:shiradaruma:20170901171800j:plain

内容は、肝機能、貧血、たんぱく質やエネルギー不足になっていないか?血液検査の数値を見ながら解析する方法を教えてくれました。

資料で出てきた症例は精神障害患者のものばかりでしたが、精神科でも栄養不足を分析し、食事に重視して治療をしていくのかと知ると、改めて食事の大切さを実感しました。
とはいえ、今回の一回のセミナーだけで内容が全部把握できたとは言えません。また、こういう機会があれば参加したく思います。

長野さま、奥平先生、ありがとうございました。


9/16(土)クリニックにてセミナーを開催いたします。詳しくはクリニックのホームページをご覧ください。
http://www.takahashi-w-clinic.jp

こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

これはヒドイ!シライの血液データ

こんにちは。管理栄養士のシライです。勤務先の院長先生の指示で血液検査をする機会がありました。とても皆さんにお見せできない結果が返ってきました。

f:id:shiradaruma:20170821112149j:plain

院長先生が注目する項目はコレステロール値、血糖値、ヘモグロビン値でした。

まずはコレステロール値関連。
コレステロール(TC) 225mg/dl
LDL-コレステロール 103mg/dl
HDL-コレステロール 106mg/dl

先生いわく「少し高めの方が良い」。良いというのは、当クリニックでいうと妊娠確率が高いということです。まぁまぁクリアです。

続いて血糖値関連。
HbA1c 5.7%
グリコアルブミン (GA) 15.8%

正常値内ですがギリギリです…。
メタボリック健診だと基準値はHbA1cは5.8%以下で、実は過去2回引っかかっています。健康診断の問診時に「甘い物をよく食べていますか?」と聞かれショックを受けてしまいました。
自分を問い詰めてみるとビールが良くないのかな?と反省しています。

そして、何よりも一番ひどかったのは貧血関連。
ヘモグロビン 10.6g/dl
葉酸 5.6ng/dl
フェリチン 6.3ng//

フェリチンが、ひど過ぎる!
結果を一緒に見てた同僚は絶句してました。

ヘモグロビンは血液中の鉄の量で、基準値未満は貧血が疑われます。

ヘモグロビンの一般的な基準値
男性:13.0~16.6g/dl
女性:11.4~14.6g/dl

ヘモグロビンは通常の健康診断でも調べてくれる項目ですが、鉄不足の指標となるのは「フェリチン値」です。フェリチンは、内部に鉄を蓄えることができるタンパク質で、血液中の鉄分が不足すると、フェリチンに蓄えていた鉄分が放出されます。欧米ではフェリチン値40以下だと妊娠を許可されないとのことです。

フェリチン値の一般的な基準値
男性:21~282ng/dl
女性:5~157ng/dl

というのを、最近この本を読んで知ったばかりだったので私はコトの重大さに血の気が引いてしまいました。

うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった (光文社新書)

うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった (光文社新書)

こ、これは貧血について必死に勉強して自ら改善に実行せねば!と焦るシライでございました。

~おまけ~
f:id:shiradaruma:20170821173227j:plain
通勤で利用している京成電鉄で、こんなかわいいラッピング車両が走っていたので写真を撮ってしまいました。え?この鉄分補給じゃないって?失礼しましたー


【参考文献】
川徳美『うつ・パニックは「鉄」不足が原因だった』株式会社 光文社(2017)

【お知らせ】
9/16(土)クリニックにてセミナーを開催いたします。詳しくはクリニックのホームページをご覧ください。
http://www.takahashi-w-clinic.jp

こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

食生活改善推進員になります

こんにちは。管理栄養士のシライです。市で募集していた食生活改善推進員になることを決めました。

食生活改善推進員とは、食を通した健康づくりのボランティア員です。会員は栄養士問わず一般の市民で、全国で15万人の方が活動してます(平成27年現在)。地域によってはヘルスメイトという名称で活動しているようです。
ボランティアなので収入にはなりませんが、自分の視野を広げる為に入ることにしました。
7月から月1回、計5回、講義を受け、実際には来年4月から本格活動していきます(2年契約)。

f:id:shiradaruma:20170812113643j:plain

第1回目、先月の講義は「市の取り組み」「歯と口腔からの健康づくり」「国民・県民の現状」についてのお話しがありました。

中でも一番印象に残った話は「地域間格差」。私の住む市は広く、大きく分けて都心部と山間部があります。二つの地域の健康状態を比べただけでも違いがはっきり出ていることがわかりました。

あと「千葉県民健康栄養調査の結果」というのも興味深かったです。千葉県民の食生活の特徴は①食塩の摂り過ぎ②野菜不足③朝食欠食、なんだそうです。

こういった地域の食生活状況を知ることは、普段のクリニックの仕事とは別の分野なので、とても新鮮に感じました。

この食生活改善推進員のメンバーは70代以上の方がほとんど。でもみんなすごく元気!やりがいがあると健康に繋がることが目に見えて実感しました。歳をとっても誰かの役立つことをして、自分も健康でありたいなぁと、老後も考えさせられたシライでございました。


【お知らせ】
8/19(土)クリニックにてセミナーを開催いたします。詳しくはクリニックのホームページをご覧ください。
http://www.takahashi-w-clinic.jp

こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

実はケーキ屋で働いていました

こんにちは。管理栄養士のシライです。実は私、ケーキ屋で働いていました。昔の話かって?いえいえ、ほんの8ヶ月前までのことです。

f:id:shiradaruma:20170721220416j:plain

今更ながらカミングアウトをしますが、クリニックの仕事と掛け持ちしていました。仕事内容はケーキを作るのではなく接客です。

「ケーキ屋なんてケーキをいっぱい食べることができて、いいじゃない」と知人から言われました。確かにそうだったかもしれません。しかし私は、お客様さまに訊かれたら答えられるように味を確認する程度で、むやみに口にしませんでした。

それは、そう。ケーキは小麦粉や砂糖が主な材料だからです。そういったものを過剰摂取するとどうなるか…?私のブログで、しつこいほど説明しているので、ご存知ですよね。
糖質摂取の仕組みを、きちんと理解していたので、ケーキは「商品」としてしか見れなかったです。

じゃあ、なんでケーキ屋に勤めたの?と、突っ込まれそうなので、お答えします。近所だったことと本業のクリニックの仕事に支障なく働くのに好都合だったからです。

代わりにといってはなんですが、その店には喫茶スペースがあり、ハンドドリップコーヒーを提供していたのでコーヒーの淹れ方に力を入れました。
これが昨年の今頃のブログの記事になります。

shiradaruma.hatenablog.com

ショートケーキには、定番のブラジル
チーズケーキには、コクのあるキリマンジャロ
カシス入りチョコレートケーキには、エキゾチックなグアテマラ

各種ケーキには、どのコーヒー豆と相性がいいのか?いかにおいしくコーヒーを淹れるにはどうしたらいいか?を研究するほうが楽しかったので(コーヒーは、いっぱい試飲してしまいました)短期間ではありましたがケーキ屋の仕事も無駄ではなかったかと…

ところで、この店のケーキはパティシエさん一人の手で作っていました。材料もいいものを使っていたし、もちろん保存料は入れていなかったし、本当に安心しておいしく食べることができます。お祝いや手土産に利用させていただきました。
安価なケーキを頻繁に食べるより、値段は張りますが、ちゃんとしたケーキをたまに食べたほうがオトナな食べ方だと思いませんか?


こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

カーボオフに行ってきました

こんにちは。管理栄養士のシライです。先日、低糖質レストラン「カーボオフ」に行ってきました。さいたま市、大宮駅から徒歩4分の所にあります。

f:id:shiradaruma:20170705144025j:plain

からだにおいしいレストラン カーボオフ
http://www.carbooff.jp/

この店のこだわりは
・すべてのメニューが糖質オフ
たんぱく質を積極的に使う
・こだわりの食材を使用
・血糖値のあがりにくい甘み
・自家製のダシを使用

私の指導するコンセプトに近いです。

料理の前にスムージー(小松菜&レタス&キウイ)と共にメニューの説明カードが渡されました。同行した3人が別々のメニューを頼んだので3種のカードがきました。

f:id:shiradaruma:20170705144435j:plain

合計の糖質量と、たんぱく質量、こだわりポイントが記載され食べる前にお勉強ができます。

私がいただいたのは「今週のランチ」(合計糖質量5g たんぱく質量44g)

f:id:shiradaruma:20170705144726j:plain

キッシュ、ローストポーク、カジキソテー、厚揚げ、ひじきのカプレーゼ、ハムのムース…たんぱく質たっぷりです。いろいろなものが少しずつ食べることができたので、これだけでも充分でしたが低糖質大豆パンも追加しました。

デザートは抹茶ティラミスとココナッツコーヒー。

f:id:shiradaruma:20170705145237j:plain
食べかけで、ごめんなさい。

このティラミスはマスカルポーネ使用。本格的な味で、とてもおいしかったです。

店内は明るくおしゃれ。低糖質メニューを気軽に楽しく食事をしていただきたいという雰囲気が感じとれ、とても好感を持ちました。

そして私が一番印象的だったことは、この店のオーナー粂(くめ)さま。ケトジェニックダイエットアドバイザーをお持ちですが、なんと実は薬剤師さん!
「病気になってから薬で治すより、病気になる前に食生活の見直しで健康になったほうがいいと考えた」とのことに非常に驚きました。

薬にたずさわる方が、こういう考えを持っているなんて!世間の栄養士の皆さん、負けられませんよ~


【お知らせ】
7/22(土)クリニックにてセミナーを開催いたします。詳しくはクリニックのホームページをご覧ください。
http://www.takahashi-w-clinic.jp

こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

味覚を鍛えることは…

こんにちは。管理栄養士のシライです。先日「お酒と料理の相性」についての、ちょっとした勉強会に参加しました。

f:id:shiradaruma:20170701112911j:plain

お酒を飲みながら、これはどんな料理に合うか考案の仕方を学びました。

例えば日本酒
富久長 あきつかぜ(広島県今田酒造本店)

私のドシロウト判定は…
甘味2 酸味3 苦味3 旨味3(いずれも5点満点)
ほのかに甘味を感じるが酸味が強い。だけど嫌な酸味はなく、シャープで爽やかな印象。
これに合うのは、さっぱりした魚介類。醤油をつける刺身ではなくカルパッチョのような。

そこで講師いわく
「このお酒はハーブ系な香りがします。それは八反草(はったんそう~世界で富久長だけが使用している米の品種。草丈が長いのが特徴)を使っているから。なのでカルパッチョにシソやハーブをアクセントに加えると更に良いですね。ジェノベーゼソースみたいなものね」と。

ハーブ系?したかなぁ?言われてみれば、そんな気もしたような?

受講者の中には「乳酸系な香り」「米を乾燥したものの香り」と、私の頭の中からは出てこない表現をしている方もおられました。

こういう感性は、やはり日頃から素材そのものの香りや味を知っていないと出てこないと思います。人工的な匂いや味があふれている現実が怖くなってしまいました。味どころか、そういったものが口に入り体内に入っていくということですものね。

お恥ずかしながら日常の食べているものに対して少し反省したシライでありました。味覚を鍛えることは、カラダのためにも大事なことですよね!


【お知らせ】
7/22(土)クリニックにてセミナーを開催いたします。詳しくはクリニックのホームページをご覧ください。
http://www.takahashi-w-clinic.jp

こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html