管理栄養士シライの活動報告書

糖質制限食を中心とした栄養相談をしています

実はケーキ屋で働いていました

こんにちは。管理栄養士のシライです。実は私、ケーキ屋で働いていました。昔の話かって?いえいえ、ほんの8ヶ月前までのことです。

f:id:shiradaruma:20170721220416j:plain

今更ながらカミングアウトをしますが、クリニックの仕事と掛け持ちしていました。仕事内容はケーキを作るのではなく接客です。

「ケーキ屋なんてケーキをいっぱい食べることができて、いいじゃない」と知人から言われました。確かにそうだったかもしれません。しかし私は、お客様さまに訊かれたら答えられるように味を確認する程度で、むやみに口にしませんでした。

それは、そう。ケーキは小麦粉や砂糖が主な材料だからです。そういったものを過剰摂取するとどうなるか…?私のブログで、しつこいほど説明しているので、ご存知ですよね。
糖質摂取の仕組みを、きちんと理解していたので、ケーキは「商品」としてしか見れなかったです。

じゃあ、なんでケーキ屋に勤めたの?と、突っ込まれそうなので、お答えします。近所だったことと本業のクリニックの仕事に支障なく働くのに好都合だったからです。

代わりにといってはなんですが、その店には喫茶スペースがあり、ハンドドリップコーヒーを提供していたのでコーヒーの淹れ方に力を入れました。
これが昨年の今頃のブログの記事になります。

shiradaruma.hatenablog.com

ショートケーキには、定番のブラジル
チーズケーキには、コクのあるキリマンジャロ
カシス入りチョコレートケーキには、エキゾチックなグアテマラ

各種ケーキには、どのコーヒー豆と相性がいいのか?いかにおいしくコーヒーを淹れるにはどうしたらいいか?を研究するほうが楽しかったので(コーヒーは、いっぱい試飲してしまいました)短期間ではありましたがケーキ屋の仕事も無駄ではなかったかと…

ところで、この店のケーキはパティシエさん一人の手で作っていました。材料もいいものを使っていたし、もちろん保存料は入れていなかったし、本当に安心しておいしく食べることができます。お祝いや手土産に利用させていただきました。
安価なケーキを頻繁に食べるより、値段は張りますが、ちゃんとしたケーキをたまに食べたほうがオトナな食べ方だと思いませんか?


こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

カーボオフに行ってきました

こんにちは。管理栄養士のシライです。先日、低糖質レストラン「カーボオフ」に行ってきました。さいたま市、大宮駅から徒歩4分の所にあります。

f:id:shiradaruma:20170705144025j:plain

からだにおいしいレストラン カーボオフ
http://www.carbooff.jp/

この店のこだわりは
・すべてのメニューが糖質オフ
たんぱく質を積極的に使う
・こだわりの食材を使用
・血糖値のあがりにくい甘み
・自家製のダシを使用

私の指導するコンセプトに近いです。

料理の前にスムージー(小松菜&レタス&キウイ)と共にメニューの説明カードが渡されました。同行した3人が別々のメニューを頼んだので3種のカードがきました。

f:id:shiradaruma:20170705144435j:plain

合計の糖質量と、たんぱく質量、こだわりポイントが記載され食べる前にお勉強ができます。

私がいただいたのは「今週のランチ」(合計糖質量5g たんぱく質量44g)

f:id:shiradaruma:20170705144726j:plain

キッシュ、ローストポーク、カジキソテー、厚揚げ、ひじきのカプレーゼ、ハムのムース…たんぱく質たっぷりです。いろいろなものが少しずつ食べることができたので、これだけでも充分でしたが低糖質大豆パンも追加しました。

デザートは抹茶ティラミスとココナッツコーヒー。

f:id:shiradaruma:20170705145237j:plain
食べかけで、ごめんなさい。

このティラミスはマスカルポーネ使用。本格的な味で、とてもおいしかったです。

店内は明るくおしゃれ。低糖質メニューを気軽に楽しく食事をしていただきたいという雰囲気が感じとれ、とても好感を持ちました。

そして私が一番印象的だったことは、この店のオーナー粂(くめ)さま。ケトジェニックダイエットアドバイザーをお持ちですが、なんと実は薬剤師さん!
「病気になってから薬で治すより、病気になる前に食生活の見直しで健康になったほうがいいと考えた」とのことに非常に驚きました。

薬にたずさわる方が、こういう考えを持っているなんて!世間の栄養士の皆さん、負けられませんよ~


【お知らせ】
7/22(土)クリニックにてセミナーを開催いたします。詳しくはクリニックのホームページをご覧ください。
http://www.takahashi-w-clinic.jp

こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

味覚を鍛えることは…

こんにちは。管理栄養士のシライです。先日「お酒と料理の相性」についての、ちょっとした勉強会に参加しました。

f:id:shiradaruma:20170701112911j:plain

お酒を飲みながら、これはどんな料理に合うか考案の仕方を学びました。

例えば日本酒
富久長 あきつかぜ(広島県今田酒造本店)

私のドシロウト判定は…
甘味2 酸味3 苦味3 旨味3(いずれも5点満点)
ほのかに甘味を感じるが酸味が強い。だけど嫌な酸味はなく、シャープで爽やかな印象。
これに合うのは、さっぱりした魚介類。醤油をつける刺身ではなくカルパッチョのような。

そこで講師いわく
「このお酒はハーブ系な香りがします。それは八反草(はったんそう~世界で富久長だけが使用している米の品種。草丈が長いのが特徴)を使っているから。なのでカルパッチョにシソやハーブをアクセントに加えると更に良いですね。ジェノベーゼソースみたいなものね」と。

ハーブ系?したかなぁ?言われてみれば、そんな気もしたような?

受講者の中には「乳酸系な香り」「米を乾燥したものの香り」と、私の頭の中からは出てこない表現をしている方もおられました。

こういう感性は、やはり日頃から素材そのものの香りや味を知っていないと出てこないと思います。人工的な匂いや味があふれている現実が怖くなってしまいました。味どころか、そういったものが口に入り体内に入っていくということですものね。

お恥ずかしながら日常の食べているものに対して少し反省したシライでありました。味覚を鍛えることは、カラダのためにも大事なことですよね!


【お知らせ】
7/22(土)クリニックにてセミナーを開催いたします。詳しくはクリニックのホームページをご覧ください。
http://www.takahashi-w-clinic.jp

こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

低糖質もいいけど他のもね

こんにちは。管理栄養士のシライです。先日、いわしグラタンを食べました。

f:id:shiradaruma:20170627191625j:plain

外出先のベーカリーで、パン+グラタン+ドリンクのランチセットを注文しました。グラタンの具はチキンか、いわし。実は魚より肉が好きな私ですが、いわしを選びました。ドリンクは甘酒にしました。

糖質量は、ざっくり計算で
パン100g = 糖質量32.8g
グラタンの小麦粉30g = 糖質量22.0g
甘酒200g = 糖質量35.8g
合計の糖質量 90.6g
全体量をみると糖質の割合が多いですね。

だけど、いわしを選んだから良しとしようかな。甘酒も発酵食品ですし。

いわしは、たんぱく質はもちろん、カルシウム、オメガ3系脂肪酸が含まれるので積極的に取り入れたい食材であります。

また、甘酒のような発酵食品は腸内環境を良くする効果があるので、こちらも積極的に摂りたい食材です。味噌、納豆、糠漬といった発酵食品なら身近なものなので無理なく摂取できると思います。ただ、甘酒は飲料としては非常に甘かったです。飲む目的なら少量に、または砂糖の代わりに調味料として利用するのが良さそうです。

立場上、低糖質をうたっていますが、他の栄養素も、しっかり注目してあげなきゃね。


【お知らせ】
7/22(土)クリニックにてセミナーを開催いたします。
詳細はクリニックのホームページをご覧ください。
http://www.takahashi-w-clinic.jp

こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

アイスクリームがやめられない!

こんにちは。管理栄養士のシライです。夏に向けてよく聞かれるのは「アイスクリームがやめられない!」という声。なぜアイスクリームは悪者扱いになってしまうのか?そして、どうしてやめられないのか?を挙げてみました。

f:id:shiradaruma:20170622211853j:plain

アイスクリームは、体重増加の原因となる乳脂肪、糖質量が多く含まれるので悪者扱いに思われてしまうのです。
特に糖質量に注目してみましょう(1回の間食の目安摂取糖質量は10gです)。

市販のアイスクリーム1個当たりのエネルギー量、糖質量を挙げてみました。

容量110ml エネルギー244kcal 糖質19.9g

  • スーパーカップバニラ

容量200ml エネルギー380kcal 糖質36.3g

容量110ml エネルギー69kcal 糖質18.1g

容量140ml エネルギー158ml 糖質22.2g


アイスクリームは固形物ではないので、すぐに体内に消化され、瞬間的に血糖値が上がります。瞬時に血糖値が上がるとインスリンが急いで分泌され、正常以下の血糖値まで下がってしまうことがあり、それによって逆に低血糖に陥り、また何か食べたくなる…と悪循環になってしまいます。

では、どうしたらいいか考えてみましょう。

どういう時に食べたくなるのでしょうか?それに対してどういう対策があるのでしょうか?

例えば

  • 午後、暑くて、なんとなく食べてしまうアナタは…

買い置きをしない
手の届く所にあるから食べてしまうのです。
食べたい時は、お店にわざわざ買いに行くつもりでいましょう。
実際、私もどうしても食べたいと思ったらコンビニに買いに行ってます。夏の期間、1~2週間に1回の頻度です。

  • 風呂あがりに食べたくなるアナタは…

これも買い置きをしない
 習慣になっている傾向があります。
風呂あがりは水や麦茶を飲むようにしましょう。
水や麦茶を飲む習慣をつけてしまえばアイスクリームを絶つことができると思います。

  • 自分へのご褒美で食べてしまうアナタは…

低糖質のアイスクリームを利用する
市販で1個当たりの糖質量が10g以下のものがあります。シャトレーゼ「やさしい糖質生活」シリーズや「グリコ80kcalアイス」シリーズが当てはまります。
ご褒美なら値段の高いものにする
上質なものは素材が良いものを使っているので体に良いし、価格が高いので頻繁には食べなくなるでしょう。

アイスクリームは嗜好品です。食べないに越したことはないのです。
とはいえ暑い日は食べたくなってしまいますよね。習慣化しないよう原因と対策を自分自身でしっかり考えて、アイスクリームをおいしくいただきましょう。

【参考文献】
ハーゲンダッツ、明治エッセル赤城乳業、ロッテ 各ホームページ
森拓郎「ダイエットは運動1割、食事9割」株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(2014)

【お知らせ】
722(土)クリニックにてセミナーを開催いたします。
詳細はクリニックのホームページをご覧ください。
http://www.takahashi-w-clinic.jp

こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

大きな変化は小さな変化から

こんにちは。管理栄養士のシライです。有言実行に近づく、ちょっとした工夫をしました。

当クリニックでは、私との栄養相談を数回続けて行っているのですが、今までは次回の予約を受付スタッフさんにお任せしていました。
それを私が予約を入れてしまうやり方に変えました。
そうすることにより、患者さまの「やる気」がアップしたように思います。

相談時の「よし、やってみよう」「これならできるかもしれない」と、やる気が向上している状態で「では某月某日にお会いしましょう」と約束させてしまうのです。
ついでに「次回までの課題」も記入してお渡ししています。

f:id:shiradaruma:20170607133430j:plain

今までは口約束のままでオサラバしていましたが、課題が見えることで患者さまが具体的に何を取り組めばいいかわかるようなりました。なかには「この紙、いただけるのですか?嬉しい」と言ってくださった方もいて、私も嬉しくなりました。

ちょっとした工夫でしたが、これが患者さまにとって大きな変化に繋がることができたらいいなと思っています。


こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html

低糖質スイーツ料理教室

こんにちは。管理栄養士のシライです。先日、低糖質スイーツ料理教室に参加してきました。

f:id:shiradaruma:20170520132728j:plain

今回、参加したのは一般社団法人日本糖質制限医療推進協会主催の教室で『おいしく作れる低糖質スイーツ』を出版されたパティシエ小寺幹成さまと、管理栄養士佐々木栄子さまが講師でした。

おいしく作れる低糖質スイーツ

おいしく作れる低糖質スイーツ

この本はクリニックに置いてあったので、以前から目を通していました。まず「基本のスポンジ」が焼ければ、それを応用してショートケーキ、ロールケーキ、味を変化してココア、抹茶、コーヒーのケーキを楽しめるという内容になっています。

その「基本のスポンジ」を直々に教わることができる大変貴重な教室でした。
どこが低糖質なのかというと小麦粉の量を最低限に抑えている点がポイントです。メインはクリームチーズと卵。甘味も甘味料を少し。
本の表紙のショートケーキを作りました。糖質は1個あたり3.2gです。

材料や調理器具も特別なものではなく、家庭にあるもので作れます。
焼き上がりは小寺さまいわく「小麦粉をベースにしていないのでムラなくきれいにできる」とのこと。出来上がったものは卵たっぷりのチーズケーキのような味でした。なので食べる量が少量でも充実感がありました。

糖質制限だけではなく、普段の栄養相談時は、朝、昼、夕、3食の説明が中心になってしまい、どうしても嗜好品は「無いもの」として話が進んでしまいがちです。
でも内容をきちんと選択できれば、時には甘いものもいいのではと思います。「糖質が気になるけれど甘いものも食べたい」方には、ぴったりのケーキだと思います。


こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html