管理栄養士シライの活動報告書

糖質制限食を中心とした栄養相談をしています

アイスクリームがやめられない!

こんにちは。管理栄養士のシライです。夏に向けてよく聞かれるのは「アイスクリームがやめられない!」という声。なぜアイスクリームは悪者扱いになってしまうのか?そして、どうしてやめられないのか?を挙げてみました。

f:id:shiradaruma:20170622211853j:plain

アイスクリームは、体重増加の原因となる乳脂肪、糖質量が多く含まれるので悪者扱いに思われてしまうのです。
特に糖質量に注目してみましょう(1回の間食の目安摂取糖質量は10gです)。

市販のアイスクリーム1個当たりのエネルギー量、糖質量を挙げてみました。

容量110ml エネルギー244kcal 糖質19.9g

  • スーパーカップバニラ

容量200ml エネルギー380kcal 糖質36.3g

容量110ml エネルギー69kcal 糖質18.1g

容量140ml エネルギー158ml 糖質22.2g


アイスクリームは固形物ではないので、すぐに体内に消化され、瞬間的に血糖値が上がります。瞬時に血糖値が上がるとインスリンが急いで分泌され、正常以下の血糖値まで下がってしまうことがあり、それによって逆に低血糖に陥り、また何か食べたくなる…と悪循環になってしまいます。

では、どうしたらいいか考えてみましょう。

どういう時に食べたくなるのでしょうか?それに対してどういう対策があるのでしょうか?

例えば

  • 午後、暑くて、なんとなく食べてしまうアナタは…

買い置きをしない
手の届く所にあるから食べてしまうのです。
食べたい時は、お店にわざわざ買いに行くつもりでいましょう。
実際、私もどうしても食べたいと思ったらコンビニに買いに行ってます。夏の期間、1~2週間に1回の頻度です。

  • 風呂あがりに食べたくなるアナタは…

これも買い置きをしない
 習慣になっている傾向があります。
風呂あがりは水や麦茶を飲むようにしましょう。
水や麦茶を飲む習慣をつけてしまえばアイスクリームを絶つことができると思います。

  • 自分へのご褒美で食べてしまうアナタは…

低糖質のアイスクリームを利用する
市販で1個当たりの糖質量が10g以下のものがあります。シャトレーゼ「やさしい糖質生活」シリーズや「グリコ80kcalアイス」シリーズが当てはまります。
ご褒美なら値段の高いものにする
上質なものは素材が良いものを使っているので体に良いし、価格が高いので頻繁には食べなくなるでしょう。

アイスクリームは嗜好品です。食べないに越したことはないのです。
とはいえ暑い日は食べたくなってしまいますよね。習慣化しないよう原因と対策を自分自身でしっかり考えて、アイスクリームをおいしくいただきましょう。

【参考文献】
ハーゲンダッツ、明治エッセル赤城乳業、ロッテ 各ホームページ
森拓郎「ダイエットは運動1割、食事9割」株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(2014)

【お知らせ】
722(土)クリニックにてセミナーを開催いたします。
詳細はクリニックのホームページをご覧ください。
http://www.takahashi-w-clinic.jp

こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html