管理栄養士シライの活動報告書

妊活の方への栄養相談をしています

実はケーキ屋で働いていました

こんにちは。管理栄養士のシライです。実は私、ケーキ屋で働いていました。昔の話かって?いえいえ、ほんの8ヶ月前までのことです。

f:id:shiradaruma:20170721220416j:plain

今更ながらカミングアウトをしますが、クリニックの仕事と掛け持ちしていました。仕事内容はケーキを作るのではなく接客です。

「ケーキ屋なんてケーキをいっぱい食べることができて、いいじゃない」と知人から言われました。確かにそうだったかもしれません。しかし私は、お客様さまに訊かれたら答えられるように味を確認する程度で、むやみに口にしませんでした。

それは、そう。ケーキは小麦粉や砂糖が主な材料だからです。そういったものを過剰摂取するとどうなるか…?私のブログで、しつこいほど説明しているので、ご存知ですよね。
糖質摂取の仕組みを、きちんと理解していたので、ケーキは「商品」としてしか見れなかったです。

じゃあ、なんでケーキ屋に勤めたの?と、突っ込まれそうなので、お答えします。近所だったことと本業のクリニックの仕事に支障なく働くのに好都合だったからです。

代わりにといってはなんですが、その店には喫茶スペースがあり、ハンドドリップコーヒーを提供していたのでコーヒーの淹れ方に力を入れました。
これが昨年の今頃のブログの記事になります。

shiradaruma.hatenablog.com

ショートケーキには、定番のブラジル
チーズケーキには、コクのあるキリマンジャロ
カシス入りチョコレートケーキには、エキゾチックなグアテマラ

各種ケーキには、どのコーヒー豆と相性がいいのか?いかにおいしくコーヒーを淹れるにはどうしたらいいか?を研究するほうが楽しかったので(コーヒーは、いっぱい試飲してしまいました)短期間ではありましたがケーキ屋の仕事も無駄ではなかったかと…

ところで、この店のケーキはパティシエさん一人の手で作っていました。材料もいいものを使っていたし、もちろん保存料は入れていなかったし、本当に安心しておいしく食べることができます。お祝いや手土産に利用させていただきました。
安価なケーキを頻繁に食べるより、値段は張りますが、ちゃんとしたケーキをたまに食べたほうがオトナな食べ方だと思いませんか?


こちらで活動しています
http://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html