管理栄養士シライの活動報告書

食事から妊活支援しています!

第5回 母子栄養懇話会学術集会

こんにちは。管理栄養士のシライです。昨日、母子栄養懇話会学術集会に行ってきました。母子栄養懇話会は、産科医療にかかわる医師、管理栄養士・栄養士や助産師・看護師らが「妊婦の栄養改善」を支援し、周産期栄養の向上、さらには次世代の栄養状態の向上に寄与することを目的とし設立されたNPO法人です(パンフレットより引用)。

 

クリニックの患者さまの中には、妊娠が判明してから「食事をどうしたらいいか?」と質問してくる方がいます。確かにクリニックは不妊治療を専門にしていますが、その先のことを、私はあまり勉強していないことに反省していました。また、婦人科系の栄養士とも交流を深めたくも考えていたので、今回の集会に参加することにしました。

 

f:id:shiradaruma:20180603105219j:plain

 

集会では、宗田哲男先生、溝口徹先生、奥平智之先生といった、そうそうたる医師のお話や、他の病院での演題発表を聞くことができ、大変充実な一日となりました。

 

妊娠すると体重が増加しますが、血液データも見ながら食事アドバイスをすること。葉酸は妊娠前から必要なことは知っていましたが、実は妊娠後期も必要…などなど、いろいろ勉強になりました。また、他病院での演題発表も興味深かったです。

 

今の私にできることは、妊娠前の体の状態が、妊娠中、出産後の左右を分けることを伝えることだと感じました。

4月に取得したオーソモレキュラー療法の資格をどう生かすか自分での課題でもあったので、溝口先生の話を聞けたのは大きかったです。

また、数名ではありますが、婦人科病院で活躍されている管理栄養士とも知り合いになれました。今後の業務に繋げていきたいと思います。

 

 

食事カウンセリングも行っております

 

6/16(土)16:00~クリニックにてセミナーを開催いたします。詳しくはクリニックのホームページをご覧ください。
https://www.takahashi-w-clinic.jp

 

こちらで活動しております
https://www.takahashi-w-clinic.jp/page/antiaging.html